HOME > スタッフ日記 > あなたのクレンジング方法、間違っています!

スタッフ日記

あなたのクレンジング方法、間違っています!2018/11/28

 

こんにちは。スタッフの山口です。

 

クレンジング、洗顔、スキンケア…。

 

当たり前だと思っていたことが、もしかしたら間違っているかも…!?

毎日行っているその方法がもし間違いだったら、とても怖いですよね。

 

 

洗顔する女性

 

あなたのクレンジング方法、間違っているかも!?こんなことしていませんか?

 

クレンジング剤の量は肌に負

 

クレンジング剤の適量は、商品に記載されている使用量です。

 

肌の上でスルスルと抵抗なくすべるくらい、たっぷりと使いましょう!

 

クレンジング剤の量が足りないと、肌をこすることになり摩擦で肌を痛めてしまいます。

 

 

 

 クレンジングを長時間行った

 

クレンジング剤は洗い流すものです。

肌の上に長時間のせておくと、必要以上に肌のうるおいをとってしまいます。

 

クレンジング剤でパックすることはやめましょう。

 

 

 

 

メイクを落とすためゴシゴシ

 

クレンジング剤は肌に手早くのばし、ファンデーションなどとなじませましょう。

 

肌への摩擦は色素沈着の原因になるので、汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシこすりすぎるのはいけません。

 

指先だけで伸ばそうとすると余分な力がかかりやすいので、手のひら全体を使ってやさしくすべらせましょう。

 

 

 

 

クレンジング後はタオルでゴ

 

クレンジング後、タオルでゴシゴシとこすってはいけません。

 

やわらかいタオルで、肌を押さえるようにして水気を拭き取るのが正解です。

 

肌をこすると、肌表面を傷つけて肌荒れのもととなり、シミなど色素沈着の原因にもなります。

 

 

 

 

ナチュラルメイクの日にメイ

 

ファンデーションやアイシャドウなどの原料は主に粉と油からできています。

 

ナチュラルメイクであっても、時間がたつとメイクしたままの肌は空気中の汚れや肌の皮脂を吸着して酸化します。

 

その結果、色素沈着してシミ・くすみの原因になったり、毛穴にメイク汚れが詰まってニキビができやすくなったりします。

 

これらを防ぐために、ナチュラルメイクでもその日のうちにメイクオフする必要があるのです。

 

 

 

 

日焼け止めだけの日は洗顔だ

 

メイクをせず日焼け止めだけを塗る場合も、洗顔料で落とせない日焼け止めを使った火はクレンジングをする必要があります。

 

日焼け止めが残ったままだと、肌が乾燥し、肌荒れしやすくなります。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

『ドキッ』とされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ぜひ正しい知識を身につけて、正しいクレンジングを行ってくださいね♪

 

スタッフ 山口

このカテゴリの記事一覧 次へ>